© 2014 - 2019 Reiko.TAKESHIMA.  All Rights Reserved.

悶える漂浪く

デザイン

手製の和綴じ文集「悶える 漂浪(され)く」の表紙・目次・奥付のデザインをさせていただきました。


スロウな本屋さんが2018年開催された、「寺子屋スータ」受講生のみなさんのレポートをまとめた文集です。


表紙のお写真は文化人類学者・松村圭一郎さん。この写真と、タイトルを拝見して、即、お引き受けさせていただいたお仕事。レンズを覗く人の心も写したような写真で、外の喧騒が遠のき、しばし見入ってしまいました。なぜでしょう、行ったことはないけれど、この海を私も見たことがあると思いました。


美しい写真を最大限生かすべく、また和綴じして完成するデザインとなるよう、シンプルにまとめました。印刷機の制約もありつつですが、綺麗な和綴じ本に仕上がっているようで安堵。


この本は、受講生の方のみに配布されるもの。そうした本を、デザインを依頼し、印刷し、こうして丁寧に本にまとめるスロウさんの心意気が素敵です。なんて幸せな本だろうと思います。

クライアント : スロウな本屋

表紙
表紙と目次。二つ折りして和綴じされるので、印刷はこのように1枚に収まっている。
目次。表紙をめくると裏が目次になっている。表紙写真が淡くグラデーションで続いている。
奥付。
裏表紙。
奥付と裏表紙。写真は表紙と目次のものと同じ。美しい写真を全部見せるため全面に配した。