© 2014 - 2019 Reiko.TAKESHIMA.  All Rights Reserved.

FUEKI vol.68

デザインディレクション

エディトリアルデザイン&イラスト

福武教育文化振興財団の機関紙「FUEKI」の68号のデザインとイラストを担当させて頂きました。

今回、表紙の取材に初めて同行させていただきました。穏やかな瀬戸の海と島々をバックに、「南京ぜんざい」の作り手の池田さんのお話をお聞きした時間は、とても豊かなものでした。「犬島が大好き!」と満面の笑みでおっしゃる池田さんのお話を少しご紹介します。

「船から降りると、車の音がせんのんよ。安心するんよ」。犬島が好きな理由のひとつに音をあげてくださった池田さん。子供の頃は、精錬所の跡地でかくれんぼしたり、疲れると煙突の中でのんびり休んだそうです。煙突の中は人が並んで寝転べるくらいの大空間で、「夏は涼しくて、冬は暖かいんよ」。そしてお父様のお話。今も1つだけ手元にあるというお土産のセルロイドの筆箱は、どんな姿をしているのでしょう…。どのお話も、当時の情景が目に浮かぶようで聞いているとワクワクし、心温まりました。

帰りの船を待つ間、海へゆっくりと静かに暮れていく夕日を眺めながら、池田さんの言う犬島の魅力を私もしっかりと感じていました。それは子どもの頃の遊びの記憶と近いものでした。

取材後、池田さんがバケツを持って海辺に降りていくと、その頭上にはトビが旋回していました。バケツの中身はカフェで残った食材で、撒くと程なくトビはそれを食べに。その様子は池田さんが犬島の風景の一部となって溶け込んでいて、本当に美しかった。

ただ犬島の住人の多くは高齢の方たち。島に住み続けたいと願っても、いつでもかかれる診療所や福祉施設がないので、住めない人が多くいるそうです。池田さんはそれを悲しんでおられました。

裏表紙には「南京ぜんざい」のエピソードを綴った池田さんの文章が掲載されています。お人柄そのままのエッセイもぜひお読みください。そして優しさのつまった「南京ぜんざい」を食べに犬島へも訪れてみてくださいね。精錬所跡の景観や現代アートも見応えがあります。

わたしはいつか、犬島の砂浜でお茶など飲みつつ寝転がって星空を眺めたいなーと思いました。植物園もサイコーでした。

編集発行 : 公益財団法人福武教育文化振興財団

制作 : 株式会社吉備人 

印刷 : 株式会社三門印刷